「連帯納付義務」

ご自身の分の相続税を納付していても、他の相続人が納付をしないと、別の相続人の分の相続税まで納付しなければならないという厄介な制度。

「連帯納付義務」相続税の本税は相続財産の価額を限度とされてはいるものの、未納期間の延滞税も支払わなければならず、支払方法も延納や物納といった制度はなく、金銭一括納付のみとされています。

そのため、ご自身の分の納税を済ませ、残った財産も既に費消してしまっている場合には、連帯納付分の金銭一括納付ができず、最悪の場合、財産の差し押さえなんてことも考えられます。

他の相続人の方の納税もできる限り、確認しましょう。